2015年08月18日

カイザーブルクの庭園と城壁の上を散策

2015/04/29(水)午前

カイザーブルク、城壁、観光 (3).jpg


カイザーブルク城の外側には庭園が広がっています。
カイザーブルク、庭園 (2).jpg


カイザーブルク、庭園.jpg


カイザーブルク、庭園 (3).jpg



城壁の上を歩くことも出来ます。
カイザーブルク、城壁、観光 (4).jpg


城壁の上から撮りました。
カイザーブルク、城壁、観光.jpg


デューラー通りで、右側の建物がデューラーハウスです。
カイザーブルク、城壁、観光 (2).jpg


このとき11:50。
正午まであと10分です。

中央広場にあるフラウエン教会の仕掛け時計が正午になると動くということなので、
そろそろ中央広場に移動します。



posted by マリケン at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

約60mの深さの井戸

2015/04/29(水)午前

カイザーブルク城の敷地内にある約60mの深さの井戸を見学します。
井戸、ニュルンベルク、カイザーブルク (5).jpg

毎時00分からと時間が決まっており、ガイドさんと一緒に中に入れます
(約15分間)

井戸のある建物の前のベンチで待っていると、
時間ちょうどにガイドさんが鍵を持ってやって来ます。
入場チケットに込みなので、別料金はかかりません。


深さ約60mといわれるこの井戸ですが、なかなかピンと来ません。
なので、ガイドさんが面白いパフォーマンスをしてくれます。
まず、井戸に石を落とします

すると、しばらくして「ポチャン」と、小石が水に落ちる音がします。
たぶん1,2秒だと思いますが、それ以上に長く感じられました。



また、ろうそくを滑車で下ろして、内部を見せてくれます
井戸、ニュルンベルク、カイザーブルク (3).jpg
この写真、実は1度下ろしたろうそくを引き上げたところなので、
2本火が消えてしまっています。


井戸、ニュルンベルク、カイザーブルク (2).jpg


ニュルンベルク、カイザーブルク、井戸、観光 (3).jpg


かなり深くて、最後の写真はろうそくがぼやっとしか写りませんでした。
ニュルンベルク、カイザーブルク、井戸、観光 (2).jpg



実際、模型でも、ろうそくの位置を確認できますし、内部の映像も見られます
井戸、ニュルンベルク、カイザーブルク.jpg


今回井戸の見学は私たちを含め2組のみの参加でしたが、
毎年沢山の観光客が訪れるそうです。

結構工夫した見せ方をしてくれて、面白いです。
時間のある方は是非わーい(嬉しい顔)



井戸の中を掃除したら、昔の遺物だけでなく、
サングラスやカメラも出てきたようです。
井戸、観光.jpg

観光客が熱心に井戸の中を覗き撮影した時に、落としてしまったのですね。

反射して分かりづらいのですが、真ん中の大きな物は像です。



posted by マリケン at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

ジンヴェル塔からの景色

2015/04/29(水)午前

外に出て、カイザーブルクの敷地内でもひときわ目立つのがジンヴェル塔です。
ジンヴェル塔、景色、カイザーブルク (2).jpg


ジンヴェル塔、景色、カイザーブルク.jpg


中に入り木の螺旋階段に沿って上って行くと、塔の頂上にたどり着きます。
ジンヴェル塔、景色、カイザーブルク (11).jpg


城のテラスから見るニュルンベルクの街も良いのですが、
このさらに高い塔からは、眼下に広がる360度の景色を見ることができます。
ジンヴェル塔、景色、カイザーブルク (6).jpg


ジンヴェル塔、景色、カイザーブルク (5).jpg


ジンヴェル塔、景色、カイザーブルク (4).jpg


ジンヴェル塔、景色、カイザーブルク (7).jpg


ジンベル塔、ニュルンベルク.jpg



また、第二次世界大戦で壊滅的な被害を受けたニュルンベルクの街の写真も
展示されているので、当時の町並みを元に再建した現在の街の景色と
見比べてみるのも面白いです。

第2次世界大戦前、
ジンヴェル塔、景色、カイザーブルク (8).jpg


第2次世界大戦後の破壊された様子、
ジンヴェル塔、景色、カイザーブルク (9).jpg


そして現在です。
ジンヴェル塔、景色、カイザーブルク (10).jpg


posted by マリケン at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

カイザーブルクの博物館

2015/04/29(水)午前

二重礼拝堂の次は博物館です。
カイザーブルク、博物館、見学 (8).jpg

こちらの展示スペースでは、自分で操作して展示品の説明を
見ることができるスクリーン等もあります。

ちょうどドイツ人小学生の団体が見学中でした。


歴代皇帝の絵画や彫刻を見ると、
カイザーブルク、博物館、見学 (6).jpg


カイザーブルク、博物館、見学 (2).jpg


こちらに飾られている様なものを手にしています。
カイザーブルク、博物館、見学 (5).jpg


昔はこのような感じでこの部屋は使用されていたのですね。
カイザーブルク、博物館、見学 (7).jpg



皇帝謁見の間です。
カイザーブルク、博物館、見学 (9).jpg


壁は質素ですが、天井は双頭の鷲や王の様々な紋章が描かれていて、豪華です。
かつては皇帝の色であった黒と黄色がもっと鮮やかだったのだろうと思われます。
カイザーブルク、博物館、見学 (10).jpg



そして皇帝の居間の天井にも、鷲が大きく描かれています。
カイザーブルク、博物館、見学 (11).jpg



まだまだ博物館は続きます。

装飾品や、
カイザーブルク、博物館、見学.jpg

カイザーブルク、博物館、見学 (3).jpg


中世の鎧や甲冑、武器が展示されています。
カイザーブルク、博物館、見学 (4).jpg
中世の頃はこんなのを着て戦っていたんですね。
月並みな感想ですが、重そうですあせあせ(飛び散る汗)


カイザーブルク、ニュルンベルク、観光.jpg
武器もですあせあせ(飛び散る汗)



posted by マリケン at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

カイザーブルクの二重礼拝堂

2015/04/29(水)午前

この扉の先に、二重礼拝堂があります。
二重礼拝堂、カイザーブルク、観光 (4).jpg


1200年頃に建てられたこのロマネスク様式の二重礼拝堂は、
身分に応じた礼拝ができるようになっていました。

三段構造になっており、下からは上の礼拝堂の礼拝者の顔が見えない
造りになっています。

中段が皇帝と廷臣の礼拝堂です。
二重礼拝堂、カイザーブルク、観光 (3).jpg


カイザーブルク、二重礼拝堂.jpg


二重礼拝堂、カイザーブルク、見学.jpg


二重礼拝堂、カイザーブルク、観光 (2).jpg


↓さらにその上には皇帝一家の特別席が設けられています。
二重礼拝堂、カイザーブルク、観光 (6).jpg


皇帝一家の特別席には、きちんと装飾されていたと思われる跡が残っています。
二重礼拝堂、カイザーブルク、観光.jpg


二重礼拝堂、カイザーブルク、観光 (7).jpg


皇帝一家の特別席から撮りました。
中段の皇帝と廷臣の礼拝堂の下には、召使や従者たちが使う礼拝堂があります。
二重礼拝堂、カイザーブルク、観光 (8).jpg


posted by マリケン at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。