2015年04月14日

ドイツの春の味覚、白アスパラガス


中央広場
マルクト広場の市場です。


中央広場 市場



この時期、ドイツに行ったら必ず食べたい物は、白アスパラガス!!

ドイツ語でシュパーゲル(Spargel)と言います。

日本のスーパーで見るアスパラは、緑色ですが、
ドイツのは白が主流で、日本の物より太く長いです。

シーズン時は、マルクト広場の市場でもよく見かけます。

先日テレビを見ていたら、ヴュルツブルクのアルテ橋のたもとにある
アルテ マインミューレ(Alte Mainmuhle)というレストランで、
シュパーゲルの料理が紹介されていました。

いつもはお肉がメインの料理が、この時期はシュパーゲルがメインでお肉はつけ合わせになるそうです。

またこの辺りは、フランケンワインという白ワインの産地でもあります。

川沿いにあり、マリエンベルク要塞を眺めながら食べられるレストランだそうです。

ドイツは、ソーセージ・ビールだけじゃないんですよ。


posted by マリケン at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。