2015年08月06日

ロビー・ウィリアムズはドイツでも人気

2015/04/29(水)朝

ふとテレビを見ていると、自動車のCMにロビー・ウィリアムズが出ています。
ロビー・ウィリアムズ、テイクザット (3).jpg


ロビー・ウィリアムズ、テイクザット.jpg

繰り返しやっていたので、撮ってみました黒ハート


日本ではあまり知られていませんが、ロビー・ウィリアムズ
イギリス出身のポップシンガーで、ヨーロッパでは大人気なんです。

相当人気なんですよ。


1990年テイク・ザット(TAKE THAT)という5人グループのメンバーとして
活動を始めました。

イギリスのテレビ局BBCでは、
「UK音楽史上、ビートルズ以来、最も成功したバンド
老若男女問わずに愛されている」
とたびたび報じられました。

しかし1995年、マネージャーやメンバーとの意見の食い違いからロビーが脱退、
1996年テイクザットは解散、メンバーはそれぞれソロ活動などをします。

その後、2005年にロビーを除いた4人で再結成、
2010年ロビーが正式に復帰します。


2011年7月、テイクザットの曲が映画
『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』
の主題歌になりました。




また2012年6月、ロンドンオリンピックの閉会式でパフォーマンスを行いました。
(5人揃って行うと発表しましたが、後にロビーが妻の出産を控えているため
出演をキャンセルしたので、4人での出演となりました。)



と、TAKE THATとロビーの歴史を簡単に書いてみました。

日本では、なぜ人気がないのかわかりません。

曲もいいですし、
2007年1月にはイギリスの女性雑誌、『New Woman』でジョニー・デップ(3位)、オーランド・ブルーム(4位)、ジョージ・クルーニー(6位)、ブラッド・ピット(7位)、ジャスティン・ティンバーレイク(10位)、デビッド・ベッカム(20位)を抑えてテイク・ザットとして世界で1番セクシーな男性に選ばれた
ほど、なんですけどね。


ロビーは自由人といった感じです。
ドラッグやアルコール中毒にもなってしまうぐらいです。
でも、当時(解散前)はカッコよかったのです。

今現在は41歳のおじさんです・・・。


添乗員時代には、フランスで、天気予報を画面の下の方に表示しながら、
プロモーションビデオを流しているチャンネルがあり、準備をしながら
いつも見ていました。

フランスでも人気のようで、かなりの確率でロビーのPVを見られるんです。


私は未だロビーの大ファンなんですが、悲しいことに、日本では全く見ません・・・もうやだ〜(悲しい顔)

ドラマや世界仰天ニュースのエンディングに曲が使われたり、
極まれにテレビで曲が流れますが、人気に火はつかないようですバッド(下向き矢印)


オススメはこれです。


2011年発売ですが、今もほぼ毎日聞いていまするんるん
素晴らしいアルバムなので、是非お聴きください。




posted by マリケン at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423462481
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。