2015年07月18日

歴史的なソーセージのレストラン inレーゲンスブルク

2015/04/28(火)午後

ドナウ川沿いの石橋のたもとに、Historische Würstkücheという
レストランがありますレストラン
レーゲンスブルク、ソーセージ専門店 (7).jpg

レストランの名前をそのまま訳すと、『歴史的なソーセージの台所』です。

11世紀に石橋を建設する際に、ドナウ河畔に飯場として作られた
歴史的な焼きソーセージ店で、ドイツで一番古いソーセージのレストランだそうです。

Historische Würstküche(ヒストーリッシェ・ヴルストキュッヘ)
建物は2つあります。

こちらでは、ソーセージのみですが、
隣のもう少し大きめのレストランでは、その他の食べ物も注文できるそうです。


炭火でソーセージを焼いています。
レーゲンスブルク、ソーセージ専門店 (2).jpg


レーゲンスブルク、ソーセージ専門店 (8).jpg


ソーセージ8本+ザウワークラウト(12ユーロ)とスープ(4ユーロ)を注文。
レーゲンスブルク、ソーセージ専門店 (4).jpg
雨の中歩き、体が冷えていたので温まりますわーい(嬉しい顔)


テーブルの上にはパンが入ったバスケットが置いてあり、食べた分だけ支払います。
レーゲンスブルク、ソーセージ専門店 (6).jpg


店内には、昔の写真や、川が増水した時、
どこまでの高さになったのかの看板が掛かっています。
レーゲンスブルク、ソーセージ専門店 (5).jpg

いつになったら雨が止むのかなぁ・・・。
先ほどよりはマシになってきました。

昨日まで晴天だったので半袖でも大丈夫だったのですが、
今日はコートを着てちょうど良いくらいです。

冷えるのでトイレも近くなります。

店を出る前にトイレを借ります。
トイレはこちらの建物にはなく、もう一つのレストランの奥にありますトイレ


posted by マリケン at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422515238
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。