2015年04月19日

ヨーロッパのホテルのアメニティ事情


 ホテルJagdschloss

以前泊まったJagdschlossホテルです。(Jagd=狩猟、schloss=城 の意味)
1726年に建てられたこの建物は、狩猟のための城館でしたが、
後にホテルへと建て替えられました。


 ホテルJagdschloss


4月下旬から7泊9日で、ドイツとチェコに旅行します。

今回、3都市に滞在します。

予約したホテルは、1ヶ所は3つ星ホテル、2ヶ所は4つ星のホテルですが、
ヨーロッパのホテルのアメニティには、最初っから期待していません。

シャンプーとボディソープはトラベル用も市販されていますが、
2人分となると足りなくなりそうかなと思い、
百円ショップで買ったポンプに、小分けにして準備しています。

歯ブラシセットも必ず必要です。

部屋の中を靴で過ごしたくないので、私たちにとってはスリッパも必需品です。
機内でも、靴を脱ぎスリッパにした方がくつろげます。

浴衣のようなものは置いてないので、寝巻きも必要です。
この季節、昼間は暑くても夜は冷えるので、トレーナー等もあると良いです。

ホテル連泊の場合、使用済みタオルを交換してほしい時、
かけずにバスルームの床やバスタブの中に入れておくと、交換の合図となります。

日本のホテルとは勝手が違います。

特にドイツはエコな国ですから。




posted by マリケン at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。