2014年05月13日

アヴィニオン(Avignon)観光

2014/4/26(土)午前

ホテル クロワトル サン ルイ (Hotel Cloitre Saint Louis)に2連泊です。
(2泊2人部屋31661円、朝食込、四星ホテル)
Otels.comで予約、予約時にクレジットカードで支払い済み。

レストラン前の通路です。
16世紀に建てられた、クラシックな石造りの建物です。
ホテル クロワトル サン ルイ (Hotel Cloitre Saint Louis (4).jpg

朝食レストランです。
ホテル クロワトル サン ルイ (Hotel Cloitre Saint Louis (11).jpg

中庭を見ながら頂きました。
ホテル クロワトル サン ルイ (Hotel Cloitre Saint Louis (3).jpg

ホテル クロワトル サン ルイ (Hotel Cloitre Saint Louis (2).jpg



天気は晴れ。

午前中はアヴィニオン観光です。

法王庁宮殿横の坂道を上ると、ロシュ・デ・ドン公園があります。
岩壁の上に築かれた公園です。

ロシュ・デ・ドン公園からの景色です。
アビニョン(Avignon) (24).jpg

ローヌ川を見下ろせます。アヴィニオン橋ことサンベネゼ橋です。
アビニョン(Avignon) (26).jpg

川の向こう側に見えるのが、聖アンドレ要塞です。
アビニョン(Avignon) (25).jpg



法王庁広場に戻ります。
この広場から、プチトランが出発します。
(40分間、1人7ユーロ、日本語オーディオガイドあり)
アビニョン(Avignon) (30).jpg

乗ってみることにしました。
アビニョン(Avignon) (27).jpg

ロシュ・デ・ドン公園、城壁外に出てサンベネゼ橋のほうにも行きます。
アビニョン(Avignon) (31).jpg

アビニョン(Avignon) (29).jpg


最初の城壁のあとです。
アビニョン(Avignon).jpg

アビニョン(Avignon) (7).jpg
城壁内が手狭になったので最初の城壁を壊し、今の城壁へと拡張していったんでしょうね。


時計台広場にあるオペラ劇場です。
アビニョン(Avignon) (22).jpg


狭い道もスイスイ走っていきます。法王庁の横の通りです。
アビニョン(Avignon) (4).jpg


再び法王庁広場に戻ってきました。
アビニョン(Avignon) (23).jpg




ローヌ川に架かるアヴィニョン橋ことサンベネゼ橋を観光します。
(1人5ユーロ、日本語オーディオガイドあり)
「アビニョンの橋で踊ろよ、踊ろよ」という歌で有名なアヴィニオン橋です。
アビニョン(Avignon) (28).jpg

1190年にサンベネゼ橋が完成しました。
ローヌ川の川中島をまたいで、21の橋脚が並び、22のアーチがかけられ、
全長900メートルもあったそうです。
その後の水害で損傷し補修された後、1669年の大洪水では流され、
今ではアビニオン寄りの4つのアーチが残っているだけです。


橋への出入り口は、地面よりだいぶ高いところにあり、そこには城塞のような塔が設けられていて、
当時もし敵が橋を渡って攻めてきた場合には、防御できるようになっていました。
アビニョン(Avignon) (32).jpg

アビニョン(Avignon) (33).jpg


礼拝堂が建っています。
アビニョン(Avignon) (36).jpg

アビニョン(Avignon) (34).jpg

上下2層になっていて下の礼拝堂はロマネスク様式、
アビニョン(Avignon) (35).jpg

上の礼拝堂はゴシック様式です。
アビニョン(Avignon) (37).jpg

石積みの橋脚は先が三角形に尖っています。水流の当たりを和らげる為です。
アビニョン(Avignon) (5).jpg
三角形のところから礼拝堂を撮りました



サンベネゼ橋の端っこです。
アビニョン(Avignon) (39).jpg

アビニョン(Avignon) (40).jpg

サンベネゼ橋の端から、アヴィニオンの街です。
アビニョン(Avignon) (38).jpg
日本語オーディオガイドを聞きながら観光です。


城壁の上も歩くことができます。
アビニョン(Avignon) (6).jpg



いったんホテルに戻ります。
午後はVELTRAの「南仏プロバンス いいとこどり半日観光ツアー」に参加します。


posted by マリケン at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。