2009年04月24日

燃油代無料へ

JALとANA、7〜9月のサーチャージをゼロに

日本航空、全日本空輸が、燃料費の値上がりに応じて国際航空運賃に上乗せする燃油特別付加運賃(サーチャージ)を、7〜9月はゼロとする見通しとなった。

 夏休みの海外旅行需要の追い風になりそうだ。

 両社は3カ月ごとにサーチャージ運賃を見直しており、指標とする航空燃料価格(シンガポールケロシン)の下落で、7〜9月分の基準となる直近3か月の平均が、廃止の基準となる1バレル=60ドルを下回ることがほぼ確実となった。

 前年7〜9月のサーチャージは欧米線が片道2万8000円で、海外旅行需要の足かせとなっただけに旅行業界は、「繁忙期の夏休みに向け、明るい兆しが見えてきた」(中堅旅行会社)と歓迎している。今後、値ごろ感のある旅行商品が登場する期待も出てきた。
(4月24日19時2分配信 読売新聞)



2008年4月のドイツ・ルクセンブルク・ベルギーの旅行では
確か4万円ぐらい(日本-ドイツの往復とヨーロッパ内の2路線の合計)。

2008年11月の上海旅行では
アジアなのに2万円ぐらいと随分燃油代をとられましたふらふら


まだブログに書いていませんが、
先日アモイとコロンス島の旅行に行ってきました。

その時の燃油代は旅行代金に含まれていたのですが、
たぶん往復1000円ぐらいです。


しかも去年のユーロ安 円高の記事では1ユーロ=156円でしたが、
そのころ以上に今はユーロ安 円高です。

これはもう行くっきゃないって感じですパンチ

が、

マリケンは、旦那さんがまとまった休みを取れないため出かけられませんもうやだ〜(悲しい顔)


お勧めのツアーをいくつか載せておきますので、
行った気分だけでも一緒に味わいましょうわーい(嬉しい顔)


下記はどれもモンサンミッシェル泊のツアーです。

添乗員がご案内するα 素敵にヨーロッパ 〜往復直行便確約〜 パリから行く小さな旅

日本語ガイドと行く!モンサンミッシェル地区(スタンダードプラン)に泊まるパリの休日6日間

BEST モンサンミッシェル・ロワールとパリを訪ねる フランス魅力めぐり6日

【燃油込!ANAビジネスクラスで行く!】魅惑のフランス7日間

モン・サンミッシェルに泊まれば

モンサンミッシェル1.jpg






←こんな
  光景や








モンサンミッシェル2.jpg






←こんな
  景色が







見られるかもしれませんよわーい(嬉しい顔)



応援クリックよろしくお願いします。
    ↓
 banner_03.gif



posted by マリケン at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118026910
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。