2015年08月20日

フラウエン教会の仕掛け時計

2015/04/29(水)午前

中央広場東側にあるフラウエン教会です。
ニュルンベルク、フラウエン教会、観光、中央広場、仕掛け時計 (8).jpg


フラウエン教会、ニュルンベルク、石畳.jpg


11:55、広場のフラウエン教会前に観光客が集まってきます。
ニュルンベルク、フラウエン教会、観光、中央広場、仕掛け時計.jpg


毎日正午になると、12時の鐘の音と共に、
時計の下の16世紀初めに作られたドイツ最古の仕掛け時計が動き出します。
ニュルンベルク、フラウエン教会、観光、中央広場、仕掛け時計 (9).jpg


まず音楽が流れ、太鼓と鈴を持っている手が動きまするんるん
ニュルンベルク、フラウエン教会、観光、中央広場、仕掛け時計 (2).jpg


その後、中央にいる皇帝カール4世の回りを7人の選帝侯が回ります。
ニュルンベルク、フラウエン教会、観光、中央広場、仕掛け時計 (3).jpg


ニュルンベルク、フラウエン教会、観光、中央広場、仕掛け時計 (4).jpg


ニュルンベルク、フラウエン教会、観光、中央広場、仕掛け時計 (5).jpg



もちろん、フラウエン教会の中にも入れます。

教会の内部です。
ニュルンベルク、フラウエン教会、観光、中央広場、仕掛け時計 (6).jpg


ニュルンベルク、フラウエン教会、観光、中央広場、仕掛け時計 (7).jpg



中央広場の北西端には、高さ17メートルほどのシューナーブルネン(美しい泉)
という塔があります。
シューナーブルネン(美しい泉)、ニュルンベルク.jpg
・・・が修復中のため、この時はこのような感じでした。

この塔の鉄柵にはめ込まれている金色のリングを3回願い事を考えながらまわすと
願いが叶うと言う言い伝えがあります。




posted by マリケン at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。