2015年07月21日

名物の温かいおやつ『ダンフヌーデル』

2015/04/28(火)午後

旧市街に戻ります。
レーゲンスブルクは古代ローマからの歴史を持つ街です。

旧市街地にある建物の壁には、それを表す絵が描かれています。
旧市街、レーゲンスブルク.jpg



旧市街中心にある赤い塔の建物が、ダンフヌーデル(Dampfnudel)のお店です。
レーゲンスブルク、名物、温かいおやつ、ダンフヌーデル.jpg

ダンフヌーデル(Dampfnudel)は、この地方の名物の温かいおやつです。
『蒸しパン』に、温かいバニラソースをたっぷりかけて食べます喫茶店
こちらのお店のマイスター、ウーリさんのものは絶品だとか。

しかし、お店のシャッターに書いてあるÖffnungszeiten(営業時間)を見ると、
レーゲンスブルク、名物、温かいおやつ、ダンフヌーデル (2).jpg


営業時間、ダンフヌーデルン.jpg

水曜日−金曜日、10時から17時
土曜日、10時から15時
日曜日−火曜日はお休み 

シャーデ(残念)バッド(下向き矢印)
今日は火曜日ですもうやだ〜(悲しい顔)

主人はレーゲンスブルクで、ドイツ語の『残念(Schade、シャーデ)』を
覚えてしまいました。

でも、週3も休みなんて、うらやましいexclamation



旧市庁舎です。 帝国議会博物館が入っています。
旧市庁舎、レーゲンスブルク.jpg


こちらの建物1階には、インフォメーションがあります。
旧市庁舎、レーゲンスブルク (2).jpg



posted by マリケン at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。