2015年07月17日

レーゲンスブルクの街並み

2015/04/28(火)午後

レーゲンスブルクの駅前から路線バスに乗り、
3つ目の停留所・ドーム広場(Domplatz)で下車。
レーゲンスブルク、路線バス.jpg

レーゲンスブルクは、2006年にユネスコの世界遺産に登録された
ミュンヘンとニュルンベルクの間にある美しい都市です。
ローマ時代からドナウ川沿いの要所として、重要な役割を果たしてきました。

その様な重要で美しい街なのですが、私が持っているガイドブック『南ドイツ版』には、
この街について何も載っていませんでした・・・バッド(下向き矢印)


2本の尖塔をもつ、高さ100mを超える大聖堂(Dom)の横に停留所はあります。
レーゲンスブルク、路線バス (2).jpg

こちらのレーゲンスブルク大聖堂は、
13〜14世紀に建てられたバイエルンで最も重要なゴシック建築です。


せっかく、電車を乗り継いで、やって来た街なので、頑張って観光したいところですが、
雨だと精力的に行動しようとはあまり思えないんですもうやだ〜(悲しい顔)

旅行は天気に左右されますね雨


ただ、何もしないのではもったいないので、
大聖堂前から出発する観光ミニトレインに乗ることにしました。
レーゲンスブルク、観光ミニトレイン.jpg

市内を回ってみましたが(1人8ユーロ)
雨だと窓に水滴が付くので、外の写真はキレイには撮れませんでした・・・。

日本語の説明はありません。
観光ミニトレイン用のマップもなかったので、
駅でもらった地図をみながら、通っている道を確認しました。


posted by マリケン at 08:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。