2015年07月10日

夜のライトアップを見に行きます。

2015/04/27(月)夜

22:10頃、ホテル・エルヒブティックを出発。

2〜3分歩くと、アルブレヒト・デューラー通りにあるデューラーの家があります。
ライトアップ、デューラーの家、ニュルンベルク.jpg
ドイツ・ルネッサンスを代表する画家・アルブレヒト・デューラーが、
1509年から亡くなる1528年まで過ごした木骨組みの家です。

カイザーブルクのすぐ下に建っています。

カイザーブルクは神聖ローマ皇帝の城で、
12世紀に基礎が築かれ15〜16世紀に現在の形になりました。

カイザーブルクの城壁が見えます。
カイザーブルク、ニュルンベルク、ライトアップ (5).jpg


城壁沿いを歩いていきます。
カイザーブルク、ニュルンベルク、ライトアップ (6).jpg


城壁を下から眺めながら歩いていると、上に人がいるのが見えました。
カイザーブルク、ニュルンベルク、ライトアップ.jpg

ニュルンベルクの旧市街のライトアップを楽しんでいるようです夜

私たちも坂を上り、行ってみることにしました。
カイザーブルク、ニュルンベルク、ライトアップ (2).jpg


教会の尖塔が左右に2本あるのがわかりますか?
カイザーブルク、ニュルンベルク、ライトアップ (4).jpg


右側の教会をアップでカメラ
カイザーブルク、ニュルンベルク、ライトアップ (3).jpg



カイザーブルクの一角には、ユースホステル(2013年再オープン)があります。
ニュルンベルク、ユースホステル、Jugendherberge.jpg
建物の前には消防車が止まっていますが、何かあったのでしょうかexclamation&question


ドイツのユースホステル(Jugendherberge、ユーゲントヘアベアゲ)は、
このように歴史ある古い建物を使っていることが多いです。

また、ドイツはユース発祥の地ですぴかぴか(新しい)

私は学生時代、一人旅をする時はいつもユースに泊まっていました。

一部屋に二段ベッドがいくつか置いてあり、
女性は女性同士、男性は男性同士で相部屋になっています。

ドイツのユースは、3星ホテルほどではありませんが、
部屋は結構キレイで、朝食も種類豊富だったので、
朝ごはんをしっかり食べ、昼は質素に過ごしたことを覚えています。

お金節約の為でもあったのですが、世界中の人たちと交流ができ、
自分の語学力も高めることが出来ました。

おかげで、かなり社交的になったと思いますわーい(嬉しい顔)

悪い点は、他の人と相部屋なので、貴重品はしっかり管理しなければいけないこと、
バスタオル・フェイスタオルがないこと、
駅から離れていることが多いので、行くのが大変なこと、かな。

当時は全然平気だったのですが、歳をとると不便に感じます・・・。



23:00頃、ホテルに戻ります。

聖セバルドゥス教会がホテルへの目印ですexclamation
聖セバルドゥス教会、ライトアップ.jpg


posted by マリケン at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。