2015年06月08日

ブルク公園、ローテンブルク発祥の地

2015/04/26(日)午後

ブルク門は、ローテンブルクでは最古の門です。
ブルク公園、ローテンブルク (9).jpg
14世紀に一度改築され、高い塔が付け足されました。



ブルク公園はローテンブルク発祥の地で、10世紀頃から城があったところです。
ブルク公園、ローテンブルク.jpg


ブルク公園、ローテンブルク (3).jpg


ブルク公園、ローテンブルク (7).jpg

10世紀、ローテンブルク伯がここに城を構えたのが町の起源になりますが、
12世紀初めに同家は断絶してしまいます。

人の住まない廃城のときに、1365年の地震で壊れた後、
市民が石材を運び去った為、建物など何もない状態です。



タウバー川の深い谷に三方を囲まれた高台に位置しているので、
城を築くには最適な場所でした。
ブルク公園、ローテンブルク (2).jpg
確かに、攻めにくそうですね。
この丘の上から一斉放射されたらアウトです爆弾


変わった家がありますexclamation
ブルク公園、ローテンブルク (5).jpg


アップにしてみますexclamation×2
ブルク公園、ローテンブルク (4).jpg
これは、ローテンブルクの最盛期の時の市長
ハインリヒ・トップラーの夏の別荘だったそうです。
トップラーの小城と言われていますが、中は倉庫みたいな感じだそうです。

中の見学も出来るそうです。


posted by マリケン at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。