2015年05月27日

ノイミュンスター教会の中に入ります。

2015/04/26(日)午後

聖キリアン大聖堂の隣にあるノイミュンスター教会です。
ノイミュンスター教会.jpg


教会の内に入ります。
ノイミュンスター教会、ヴュルツブルク (4).jpg


ノイミュンスター教会、ヴュルツブルク (5).jpg


ノイミュンスター教会、ヴュルツブルク (6).jpg


円頭アーチの上には現代的な絵も掛かっています。
ノイミュンスター教会、ヴュルツブルク.jpg


ノイミュンスター教会、ヴュルツブルク (2).jpg



リーメンシュナイダー作の聖母と幼子のキリスト像
ノイミュンスター教会、ヴュルツブルク (7).jpg

ティルマン・リーメンシュナイダーは、中世ドイツの彫刻家です。
(1460年頃〜1531年)
ヴュルツブルクに工房をかまえ、祭壇や墓碑の彫刻を数多く手がける一方、
1504年に市議会議員に選出され、1520年から1521年までに市長も務めました。

先ほども出てきていましたが、この後も彼の名前はよく出てきます。
それはもうトレドのエル・グレコ並ですわーい(嬉しい顔)


キリスト十字架受難像です。腕を前に交差させているのは珍しいです。
ノイミュンスター教会、ヴュルツブルク (8).jpg


パイプオルガン
ノイミュンスター教会、ヴュルツブルク (3).jpg


教会裏にある中庭には朝一で行きました。
ノイミュンスター教会の外側



posted by マリケン at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。