2015年01月19日

アルルの円形闘技場

2014/4/25(金)午後

カヴァルリー門をくぐり進んで行くと、
紀元前1世紀の末頃に6年がかりで建設された、円形闘技場があります。
アルル(Arles) (28).jpg

有名なローマのコロセウムより100年ほど古く、円形闘技場としては最古になります。

早速、円形闘技場を観光です。(1人6.5ユーロ、古代劇場込)

60のアーチが3層に積み上げられていましたが、後世に石材が略奪された為、
今は下の2層だけが残っています。


直径は最も広いところで136m。
アルル(Arles) (11).jpg


今でも、闘牛・オペラ・野外劇などに使われています。
アルル(Arles) (12).jpg


アルル(Arles) (2).jpg

西ローマ帝国滅亡後、この円形闘技場は城塞に用いられました。


その後、戸数約200戸の集合住宅にされました。
商店街と教会もあったそうです。
アルル(Arles) (15).jpg


闘技場のてっぺんにも上れます。
アルル(Arles) (13).jpg


上からの景色です。アルルの町はもちろん、ローヌ川も見えます。
アルル(Arles) (14).jpg


アルル(Arles) (3).jpg


アルル(Arles).jpg


posted by マリケン at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。