2015年01月03日

マロニエの木が花粉症の原因

2014/4/24(木)夕方

マロニエの木が道路沿いに植わっています。
paris (2).jpg

ピンク色のきれいな花をつけていますが、私はこの木が苦手です。

私は日本では全く花粉症の症状はないのですが、
フランスのこの時期、しかも風が強い日は辛くなります。

その原因の一つは、フランスで春の訪れを告げるマロニエです。
4月から5月に一斉に開花して、白い綿毛を飛ばします。
肉眼ではっきりと見えるこの綿毛が目に入ると、目がゴロゴロします。
鼻に入ると、鼻がムズムズしくしゃみが止まらなくなります。

日本では、マスクをして予防している人をよく見かけますが、
まったくフランスでは見かけません。

この日は無風でしたが、自然と早足になり、
メトロの駅に戻ります。


posted by マリケン at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。