2014年12月31日

地下鉄に乗るときの注意点、パリ

2014/4/24(木)夕方

夕方18:30頃ホテルを出発。
Best Western Au Trocadero(ベスト ウェスタン オ トロカデロ)から、
最寄り駅のトロカデロ駅まで、横断歩道を渡ってすぐ、徒歩1分もかかりません。


駅でCarnet(カルネ)を購入します。(13.7ユーロ)
10枚つづりのチケットなので、1枚ずつバラで買うよりもお得ですし、手間も省けます。


地下鉄内、スリ防止の案内が日本語でも流れています。
また、駅名の看板も日本語で書かれているところもあります。


私が添乗員をしていたとき、その時のお客さんがメトロ内ですられて、
何度か警察に同行したことがあります。
狙われる人は、ターゲットにされやすいのか、
同じ人が2回もスリにあったこともあります。

・バッグはファスナー付きにし、きちんと閉める。
・肩にかけるバッグの場合、ファスナーの開け口を、
 自分が見える前側にして、握るなどする
・斜めがけバッグの場合、後ろの方にまわさないで、
 前の方にバッグをかけるようにする。
・出入り口の近くに立っていると混雑し狙われやすいので、
 席が空いたらなるべく座るようにする。
・車内で寝ない
日本の感覚と違うということです。
ちなみに私は危ない目に一度もあったことはありません。


地下鉄のドアは自動、また手動のときにもあります。
手動のとき、完全に停車する前にドアが開いてしまうのが、なんかフランスらしいです。


地下鉄の改札口を出たら、
使用済みか使用していないチケットか、わからなくならないように、
使用済みのチケットを折り曲げたり、ちぎったりするといいです。
しっかり刻印されず、見分けが付きづらいことがあります。



1番線、Hôtel de ville駅(市役所)で下車し、
paris (4).jpg

ノートルダム大聖堂に向かいます。



posted by マリケン at 05:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。