2014年07月12日

コロッセオ、ローマ(Roma)

2011/4/26(火)午前

9:30過ぎ、ベストウエスタン ホテル グロブス (Best Western Hotel Globus)を出発。
最寄の地下鉄駅B線ポリクリニコ(Policlinico)駅から4駅移動し、コロッセオ駅に向かいます。


コロッセオに到着。
コロッセオ、ローマ (12).jpg


コロッセオは4層からなり、下から3層は、
様式の異なる付け柱(下からドーリス式・イオニス式・コリント式)で飾られています。
4層目には、一つおきに、通路や階段のための明り取り用の窓が開いています。
コロッセオ、ローマ (11).jpg


ヴェスパシアヌス帝の命で72年に建設開始、
その息子のティトゥス帝のときに完成。そのときはまだ3層でした。
コロッセオ、ローマ (10).jpg
長径188m、短径151m、周囲527m、高さ57m。



コロッセオを入場観光します。
コロッセオ、ローマ (13).jpg


コロッセオ、ローマ (14).jpg


ティトゥス帝の時代、開場記念イベントとして、
剣闘士同士や剣闘士と猛獣の死闘などが、100日間も続いたそうです。


観客の座席は約4万5千、立見席5千。
コロッセオ、ローマ (2).jpg


観客席は、身分性別によって仕切られていました。
コロッセオ、ローマ (4).jpg



競技場の床は、長径86m、短径54m。
コロッセオ、ローマ (3).jpg


床部分は失われているので、地下構造がよくわかります。
コロッセオ、ローマ (6).jpg


地下には、出演者・裏方の待機場所、猛獣の檻、機材・道具置き場、
舞台装置などがあったそうです。
コロッセオ、ローマ (7).jpg


キリスト教公認後、このようなイベントは下火になり、
404年、剣闘士同士の戦いを禁止、
523年には見世物として動物を殺すこともなくなりました。


中央に十字架があります。
コロッセオ、ローマ (5).jpg

コロッセオ、ローマ (8).jpg



その後コロッセオは私有物となり、内部は分割されて賃貸住宅となりました。

1231年と1349年には大地震があり大きく崩壊、
教会や住宅を建てる為に多くの石材が略奪されてしまいました。

1675年、コロッセオは火薬の原料を作るための場所になり、
悪臭が遠くまで漂ったそうです。

1871年にローマがイタリア王国の首都になってから、
発掘調査と整備作業が始められ、今の姿に戻りました。



コロッセオのすぐ近くにある、元老院がコンスタンティヌスに捧げた凱旋門です。
315年に造られました。
コロッセオ、ローマ (9).jpg





posted by マリケン at 09:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。