2014年07月08日

コンチリアツィオーネ大通り、ローマ(Roma)

2011/4/25(月)午後

城壁沿いを歩きます。
ローマ (3).jpg


ローマ (4).jpg


大聖堂正面の、コンチリアツィオーネ大通りに出ます。
ローマ (5).jpg


ムッソリーニが、併合を認めないローマ法王と新しく生まれたイタリア王国との解決をはかり、
1929年にラテラーノ条約を結びました。
このときに、世界最小の独立国・ヴァチカン市国が正式に発足しました。
面積は、ディズニーランドより小さい、0.44平方キロメートルです。
「コンチリアツィオーネ」とは、「和解」の意味です。


ムッソリーニが政権を取っていた1930年代に出来た、とても広い通りです。

通りの左側に、
ローマ (10).jpg


飾られていました。
ローマ (9).jpg


ローマ (8).jpg


ローマ (6).jpg


posted by マリケン at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。