2014年06月17日

サグラダ・ファミリア聖堂@、バルセロナ(Barcelona)

2012/11/30(金)夕方

サグラダ・ファミリア聖堂に移動します。
もう時間的に見学できないとわかっていたのですが、
行ってしまいました。

西日が当たって、オレンジ色です。
バルセロナ (2).jpg


西側はガウディ死後に建設されました。東側より新しい感じがします。
バルセロナ (5).jpg


西正面の彫刻は、イエスの受難をテーマに、
最後の晩餐から十字架の死までの場面です。
バルセロナ (6).jpg

バルセロナ (15).jpg


バルセロナ (4).jpg


昇天するキリストの姿です。静かに下を見下ろしています。
バルセロナ (3).jpg


バルセロナ (16).jpg

東側に回ってみます。

サグラダ・ファミリア聖堂は1882年に着工され、
翌年、まだ31歳で無名だったガウディに引き継がれました。
1926年に路面電車に轢かれ不慮の死を遂げるまで、ガウディが心血を注ぎました。

ガウディが完成させた東正面と4本の塔です。今も工事は続いています。
バルセロナ (7).jpg

バルセロナ (18).jpg


彫刻は降誕をテーマに、受胎告知からイエスの少年期までの物語になっています。
バルセロナ (17).jpg


バルセロナ (8).jpg




サンパウ病院です。
1997年に世界遺産に登録されました。
バルセロナ (20).jpg



夕暮れ後、サグラダ・ファミリア聖堂もライトアップされると思い、
暗くなるのを待ちました。
聖堂の尖塔が見えますが、ライトアップされていない様です。
バルセロナ (21).jpg


こんな感じです。
バルセロナ (22).jpg

バルセロナ (23).jpg

バルセロナ (9).jpg

ライトアップされない日もあるとか。
残念なことに、その日に当たってしまった様です…。


posted by マリケン at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。