2014年06月05日

海外ホテル予約(ヨーロッパ)


トリップアドバイザーで値段を比較しています。
同じホテルでもサイトによって値段が異なります。
ホテル直のホームページでもチェックします。

平日は値段が安く、週末は高いホテルがほとんどですが、
逆に平日は高く、週末は安いというところもあります。

支払いが、現地払いもしくは予約時にクレジット払いなのか、
朝食付きもしくは朝食別なのか、を確認します。

予約後、メールで送られてくる予約確認書を印刷し、持って行きます。

市税の支払い(1人1泊約1.5ユーロ)は現地払いになります。



ホテル情報を集めます。
私は、使い慣れているブッキングドットコムエクスペディアで、
ホテルの場所・部屋の広さ・客室設備・口コミを確認します。

ホテルの場所に関して、列車でスーツケースを持っての移動はとても大変なので、
最寄駅近くのホテルが便利です。
また、観光地が駅から離れている場合は、観光地中心に泊まることもお勧めです。
夜のライトアップも楽しめます。
同じホテルに2泊するように計画を立てます。

客室設備に関して、ヨーロッパのホテルには、
アメニティーが付いていないことがほとんどです。
だいたい四星ホテルに宿泊していますが、
シャンプー・ボディーソープ・石鹸・コップのみになります。
いつも一式用意しています。

3つ星以下のホテルでは、バスタブなし・シャワーのみの部屋がほとんどです。
バスタブにつかる習慣がないからです。
よく、日本人が多く泊まるホテルには、お湯が出なくなることが起こります。
そんな時は、時間をずらして利用しましょう。
また、シャワーを使うと、大抵洗面所の下が水浸しになってしまいます。
私の使い方の問題でしょうか?


電子レンジ付き(キッチン付き)の部屋も便利です。
フランスのレストランで夕食を食べると、
安くても飲み物込みで、2人分約40ユーロかかりますし、
毎回同じような食事で、日本食が恋しくなるからです。
ちなみにマクドナルドで、バーガー単品5ユーロ(約725円)、
セットは7,5ユーロ(約1090円)かかりました。
(1ユーロ=約145円手数料込み)



posted by マリケン at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。