2014年05月17日

水道橋ポン・デュ・ガール(Pont du Gard)

2014/4/26(土)午後C

1世紀ローマ時代に建てられた、世界遺産にも登録されている水道橋、
ポン・デュ・ガール(Pont du Gard)に到着。
(滞在時間35分間)


ニームの北西ユゼスの近くにある泉から、ニームまで、
長さ約50キロの導水路です。前19年に完成しました。
当時、流量は1日2万立方メートルと推定されています。
水源とニームの間の高低差は17mです。


水道橋ポン・デュ・ガール(Pont du Gard) (5).jpg
3層のアーチは、上に行くほど幅が狭くなっています。
導水路のある最上段には、35のアーチが並んでいて、長さ275m・水面からの高さ49m。
遠くからだとわかりませんが、下段に平行して現代の橋が設けられています。
景観を壊さないようにと上手く設計されています。


水道橋ポン・デュ・ガール(Pont du Gard) (6).jpg


下段に平行して造られた現代の橋を歩きます。
水道橋ポン・デュ・ガール(Pont du Gard) (2).jpg
この左側のアーチは中段です。


ガルドン川にかかっています。
水道橋ポン・デュ・ガール(Pont du Gard) (7).jpg


近くから見ると迫力あります。
水道橋ポン・デュ・ガール(Pont du Gard) (4).jpg


ボツボツと四角いでっぱりがあります。
当時、木材で組み上げた足場と連結させてあった跡です。
水道橋ポン・デュ・ガール(Pont du Gard).jpg


後世に石が略奪されてしまいました。横から上段のアーチを撮りました。
水道橋ポン・デュ・ガール(Pont du Gard) (3).jpg

前にスペイン・セゴビアの水道橋を見に行ったのですが、同じくらい素晴らしかったです。
ブログに書いていません・・・。



当初ツアーに参加するのではなく、レンタカーも考えていました。

レンタカーをやめた理由は、
ヨーロッパはマニュアル車ばかりでオートマ車が少ないから、
希少なのかレンタル代が高かったからです。
安いオートマ車を見つけたと思っても、電気自動車でした。
電気自動車だと、一回で走れる距離に制限があります(確か120キロ)。

たぶん早めに申し込んでいればそのようなことはなかったんだろうけど、
私の場合は出発1週間前に計画を立てていたので、
レンタカー代が値上がった後なんだと思います。。

人数によってですが、2人だけだったら
結局のところツアーに参加するのと値段は変わりませんでした。
だったら手間がかからないツアーのほうが良いと思います。

こちらのツアー、色々観光できた分忙しかったけど、オススメです。


posted by マリケン at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。