2014年05月03日

JAL SKY SUITE 777

2014/4/24(木)

最寄駅から空港連絡バスに乗り、羽田空港に向かいます。

3月下旬から、羽田空港発着の国際線が増えました。

東武バスのホームページには、
「先着順による座席定員制」、
「満席の場合は、ご乗車になれません」
と記載されていたので、少し心配していたのですが、空いていました。


8:30頃、羽田空港国際線ターミナルに到着。
日本航空JAL045便(10:35発)なので、時間に余裕を持っての到着です。

国際線自動チェックイン機で、搭乗手続きを済ませ、搭乗券を発行します。
(eチケットとパスポート必要)
スーツケースをカウンターで預けます。


国内線では、全日空ANAだけでなく日本航空JALにもよく仕事で乗っていたのですが、
今回国際線でJALを利用するのは、かなり久しぶりです。

阿部寛さんのCMをみて、往復とも「JAL SKY SUITE 777」の便を選びました。
エコノミークラスですが、前の座席との空間がプラス10cmになった飛行機です。

機内エンターティンメントも充実しています。
今話題の「アナと雪の女王」や
レオナルド ディカプリオ主演の「ウルフ オブ ウォールストリート」。
「トリック劇場版ラストステージ」、「ジャッジ!」、「小さいおうち」
「永遠の0」など、最新邦画も楽しめました。

日本航空JALのホームページから航空券を予約しました。
(2人分約27万円)

日程は、
4月24日(木)
日本航空JAL045便  
羽田空港 10:35発、
パリ・シャルルドゴール空港 同日16:10着

4月29日(火)
エアーフランス
トゥールーズ(フランス)空港 15:55発、
パリ・シャルルドゴール空港 17:25着。
乗り継ぎ。
日本航空JAL046便
 
パリ・シャルルドゴール空港 21:00発、
羽田空港 4月30日(水)15:55着。


当初、エアーフランスで、
羽田→パリ・シャルルドゴール→トゥールーズ(フランス)の往復
を考えていたのですが、やめました。

その理由は、乗り継ぎとなると
ロスバゲ(ロストバゲージの略。飛行機への機内預け入れ荷物が紛失すること)
や、遅延の為乗り継ぎ時間が短くなることが心配だったからです。

海外添乗員を始めたばかりの頃は、普通のカードでしたので、
私自身もロスバゲを経験したことがあります。
空港から近くの都市に1日目滞在だったので、
その日のうちに届けてもらえ大丈夫だったのですが。
プラチナカードにランクアップしてからは、
人はエコノミークラスでも、スーツケースはファーストクラス扱いなので、
ロスバゲはなかったです。

ちなみに4月24日、エアーフランスAF279羽田7:35発の便は、
1時間遅れで出発となっていました。

また、パリにはシャルルドゴール空港とオルリー空港の2箇所あります。
パリでの乗り継ぎの際、どちらの空港について、どちらの空港から出発になるのかをご確認下さい。


posted by マリケン at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。